Archive for the ‘未分類’ Category

補助金制度

補助金制度という言葉を耳にしたことがあると思います。
多くの車はガソリンを使って走行していましたが、電気で走れる車が出てきたので、そのような車を購入するときに受け取れるお金です。
受け取れる車の種類ではハイブリッドカーがいいですね。
ガソリンで走行、電気で走行どちらも出来るのであれば、短い距離を走る場合は電気を使って走り、長距離であればどちらも使えるので利点がいっぱいです。
電気自動車としての利点はガソリンを使わずに低コストで走れるというだけではありません。
排気ガスを出さないために低公害車となっています。
そのために購入するときには補助金が出るのです。
電気を使う車というものはガソリンを使う車と比べて、新しい技術を使っているのでどうしても値段が高くなってしまいます。
高額な車ということで一般的に購入するのが難しいということが多いのですが、国から補助金を出して購入することによって利用者も便利なものが利用できて満足。
国も環境に優しい車を利用する人が増えてくれるので利点があるとのことなのです。
国土交通省で決められた排気ガスの量で受け取れるかが決まりますので、受け取れる車は排気ガスが少ない環境に優しい車であると言えるでしょう。

 

自動車税の減税措置

ハイブリッドカーは昨今では珍しい物ではなくなり、街中でも良く目にする機会が多くなりました。
環境問題が取りざたされている現在、車の選択肢に必ず入ってくるものになりつつあります。
エコカーには毎年5月に納めなければならない自動車税や購入時に取得税また重量税などが軽減されるメリットもあります。
毎年4月1日時点での所有者に全額課せられる税金ですがエコカーの自動車税には適用期間は28年3月31日までの新車登録車を対象に翌年度の1回限りに適用され、
平成17年度基準値低排出ガス75%低減かつ平成27年度燃費基準+20%達成で概ね75%(平成32年度燃費基準達成者に限ります。未達成の場合は概ね50%)、平成17年基準値低排出ガスかつ平成27年度燃費基準+10%以上たっせいで概ね50%の軽減になります。
プラグイン、電気自動車、燃料自動車、クリーンディーゼルに於いては概ね75%の軽減となっています。
勿論、減税されることはとても嬉しい事ですが排気ガスでの地球温暖化は最大な原因のひとつなっているので有害な物質を排出しない車はこれからの地球にとって最も考えなければならない環境に優しいというメリットが大きくかかわってきます。
これからは、地球と家計に優しく乗れる車はもっとも魅力的な車になってくるでしょう。

 

電気自動車との違い

ハイブリッドカーと電気自動車との違いですが、動力の違いが一番になります。
動力が蓄電池とエンジンの違いになりまして、エンジンが必要になりますので、ガソリンを必要とします。
しかし、蓄電池も備えますので、エネルギー効率が非常に優れています。

一方の電気自動車は、ガソリンではなく、家庭等で充電を行ないまして、有害ガスを全く出す事はありません。
その代わりですが、充電の持ちはそれほど多くないので、長く走る事ができず、車体も若干重たいです。

電気自動車には、メリットもデメリットもありまして、毎日仕事で使う人にとっては不利な面が多いと言わざる負えません。
このようなデメリットを補っているのが、ハイブリットでして、環境性能では流石に負けてしまいますが、普通の自動車よりも優秀になります。
車体も軽いですし、エネルギー効率が良いですから、ガソリンの節約もできまして、ガソリンの値段が高い今だからこそ、ランニングコストにも優れています。
全般的な使いやすさや、走行性能を重視しているのなら、電気自動車ではなくて、ハイブリットの方を選んだ方が良いでしょう。
エコカーでも、このような違いがある事を理解して、購入する車を選んで下さい。

 

誕生の歴史

ハイブリッドカーといえば今や多くの人が聞きなれた言葉であり、主に環境への配慮が感じられる優しい車のイメージがありますが、ハイブリットカーとは動力源がエンジンに加えて、電機モーターが動力源としてあるのが特徴の車のことを指します。

動力源に電気を用いているとおり、燃費の良さを追求している車として多くの人々に認識され、二酸化炭素の排出を減らす車として、そして環境にも優しい車として今では多くの人の人気を集めている車種の一つです。

電気モーターのみで走行可能であれば大幅に二酸化炭素の排出を減らすことが可能ですが、ただ現実問題としましては電池の容量自体が、電気の動力のみで車を動かすには現段階では不十分であり、そこでエンジンと上手く組み合わせることで燃費の良さやロングランの可能性を高めた車を誕生させることに成功し、今ではとくに有名企業の看板的な車として認識されるなど多くの人に認められ、愛される車になりつつあります。

その歴史に関してですが、以外にも昔から開発されていたようで、その一号ともいえる車が誕生したのはフランスみたいで、そしてその時期は1909年とのことから車の歴史としては思っていたより初期に生まれていたとのことです。

 

 

排気ガスについて

車の歴史は技術の発展と共に有り、外観の変化や環境との共存の課題も重要な要素です。
これまでの長い車の歴史では、化石燃料であるガソリンが使われて来ています。
ガソリンの価格が上昇した現在においても、ガソリン車はガソリンを燃料とした主流の車です。
ガソリン車の排気ガスは空気を汚し、騒音とセットで嫌われている特徴です。
法整備や運転方法の情報提供で大気汚染の対策はされてきましたが、ガソリンを燃料としている根本的な問題は解決していないのです。
電気自動車や水素電池自動車など、空気を汚しにくい自動車が登場しています。
充電スタンドや安全保護対策などの課題が有り、一般的に普及するのはまだ先の事です。
現実的な課題への対策としては、ハイブリッドカーの存在があげられます。
ガソリンを燃料とするこれまでのエンジンと、電気で動くモーターを搭載した車です。
走行状態によって二つの動力源を切り替え、ガソリンの消費を抑え空気の汚染を減らします。
ガソリンの消費量を減らす事が出来ますが、車の本体価格がまだ高いと言う状況が有ります。
現在は、環境問題に意識が高い人達に受け入れられています。
クリーンな動力源の車への移行期間の中で、ハイブリッドはガソリンと電気を使い技術を集め工夫から生まれた車なのです。

デメリット

フィットやフリードやカローラとガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類用意されている車も少なくありません。その2種類の中で燃費が良いためハイブリッドモデルを選択する人も少なくないでしょう。しかし、ハイブリッドカーは燃費が良いことで本当に経済的なのでしょうか。
まず購入金額をみていきましょう。ガソリンエンジンモデルに比べてハイブリッドモデルは価格が約30万円高くなってしまいます。確かにハイブリッドモデルを燃費が良いですがガソリン代だけでその差額を埋めるにはかなりの年月が必要ですしかなりの走行距離を走らなければなりません。
さらに、維持費です。ハイブリッドモデルはガソリンモデルに比べモーターなど電子制御部品が多用されています。さらに、バッテリーも大容量かつ急速充電が可能なものを搭載しなければなりません。その為、故障や異常が発生した場合の修理代がガソリンモデルに比べて効果になってきます。
毎日の通勤や頻繁に遠くに出掛ける方にはハイブリッドモデルを選択することでメリットが生まれるかもしれません。しかし、そうでない方も多いのではないでしょうか。自分のライフスタイルを見つめなおして本当に必要な車を考えてみてはどうでしょう。

燃費の良さが魅力

ハイブリッドカーは燃料消費量を抑えることに成功していますが、同時に排出ガスなどをクリーンにして環境性能を高めているのが特徴です。エンジンを掛けたまま燃料消費量を抑えるには限界がありますので、アイドリングストップ技術と組み合わせることでエレルギーを効率よく消費できる仕組みを作っているのです。燃費は運転技術によってある程度改善することが可能ですが、車が持つ基本的な性能を変えることは困難ですから、基本性能の高いハイブリッドには誰が運転してもある程度の数値を出すことが可能なメリットがあるのです。エンジンとモーターの両方を使用することが可能ですが、モーターのみでの走行には限界があるのも事実です。エンジンがかかっている間はバッテリーを充電することが可能ですが、ブレーキによって電気エネルギーを作り出す仕組みも備わっているのが普通です。回生ブレーキと呼ばれるシステムですが、駆動力を発電力に変換して電気を作り出しているのです。アイドリングストップは一般に停止時に動作するシステムですが、走行時にもエンジンをストップできるのがハイブリッドシステム最大の特徴ですし、モーターのみで走行できる時間が長くなればそれだけ燃費も良くなるのです。

設計技術の特徴

現在市販されているハイブリッドカーの多くは燃費の向上を目的として作られています。
限られたスペースで様々な技術を搭載させなくてはならない為各メーカー頭を悩ませています。
まずは重量です。燃費を良くするためには通常軽くしなければなりません。しかし、ハイブリッドはエンジンとモーターを2個搭載しています。さらに、バッテリーとガソリンも搭載しなければならない為通常の車より場所も取りますし重くなっています。しかし、バッテリーを座席の下に隠したり、ミリ単位でエンジンルームの設計を行ったりし広い室内空間を保っているのです。そして、エンジンとモーターの共存を実現しています。
次にタイヤです。タイヤも燃費には大きくかかわってきます。スポーツカーなどは車の運動性能や動力性能を求め、安定した走りができるように幅の広いタイヤで路面との接着面積を広くしている場合が多いです。しかし、ハイブリッドはタイヤ幅も狭いものが標準になっていることが多いです。これは、路面との接着面積を少なくすることで燃費の妨げとなる摩擦抵抗を減らすように考えられているからです。
このように、ハイブリッドには燃費を良くするという共通の目的のために様々な人々の設計技術が詰まっていることがわかります。そんな技術の結晶にあなたも乗ってみてはどうでしょうか。

種類

ハイブリッドカーとはガソリンエンジンなどの内燃機関と電気モーターなどの全く異なる二種類の動力源を併せ持つ自動車ですが、一般的にはガソリンエンジンで発電機を動かしそうやってできた電力で電気モーターを動かして走るタイプをシリーズ式ハイブリッドと呼びますエンジン、発電機、モーターが連続してつながっていると言う事です。それに対してエンジンで直接タイヤを駆動することと発電機を動かして電気を作り、それでモーターを駆動して走る事を両方できるタイプをパラレル式ハイブリッドと呼びます。シリーズ式はシンプルで、直接タイヤを駆動するのに向かないエンジン、例えばタービンエンジンなどでも利用する事ができ高効率のエンジンを利用する事が出来るなどメリットがあります。またパラレル式はガソリンエンジン車では効率の悪い発進時を電気モーターで補助したりする事ができ比較的シンプルなつくりで低燃費な自動車を作る事ができます。現在はシリーズ式とパラレル式の両方の方式を併せ持つ方式もあり、発進時は完全に電気モーターで走り始めるが、その後はエンジンでの走行となる物とか、市街地などではほぼ電気モーターだけで走行するが、高速道路などではエンジンの駆動力を直接使うなど、方式を速度などに応じて切り替えるようにしているのが主流です。