電気自動車との違い

ハイブリッドカーと電気自動車との違いですが、動力の違いが一番になります。
動力が蓄電池とエンジンの違いになりまして、エンジンが必要になりますので、ガソリンを必要とします。
しかし、蓄電池も備えますので、エネルギー効率が非常に優れています。

一方の電気自動車は、ガソリンではなく、家庭等で充電を行ないまして、有害ガスを全く出す事はありません。
その代わりですが、充電の持ちはそれほど多くないので、長く走る事ができず、車体も若干重たいです。

電気自動車には、メリットもデメリットもありまして、毎日仕事で使う人にとっては不利な面が多いと言わざる負えません。
このようなデメリットを補っているのが、ハイブリットでして、環境性能では流石に負けてしまいますが、普通の自動車よりも優秀になります。
車体も軽いですし、エネルギー効率が良いですから、ガソリンの節約もできまして、ガソリンの値段が高い今だからこそ、ランニングコストにも優れています。
全般的な使いやすさや、走行性能を重視しているのなら、電気自動車ではなくて、ハイブリットの方を選んだ方が良いでしょう。
エコカーでも、このような違いがある事を理解して、購入する車を選んで下さい。

 

Comments are closed.