排気ガスについて

車の歴史は技術の発展と共に有り、外観の変化や環境との共存の課題も重要な要素です。
これまでの長い車の歴史では、化石燃料であるガソリンが使われて来ています。
ガソリンの価格が上昇した現在においても、ガソリン車はガソリンを燃料とした主流の車です。
ガソリン車の排気ガスは空気を汚し、騒音とセットで嫌われている特徴です。
法整備や運転方法の情報提供で大気汚染の対策はされてきましたが、ガソリンを燃料としている根本的な問題は解決していないのです。
電気自動車や水素電池自動車など、空気を汚しにくい自動車が登場しています。
充電スタンドや安全保護対策などの課題が有り、一般的に普及するのはまだ先の事です。
現実的な課題への対策としては、ハイブリッドカーの存在があげられます。
ガソリンを燃料とするこれまでのエンジンと、電気で動くモーターを搭載した車です。
走行状態によって二つの動力源を切り替え、ガソリンの消費を抑え空気の汚染を減らします。
ガソリンの消費量を減らす事が出来ますが、車の本体価格がまだ高いと言う状況が有ります。
現在は、環境問題に意識が高い人達に受け入れられています。
クリーンな動力源の車への移行期間の中で、ハイブリッドはガソリンと電気を使い技術を集め工夫から生まれた車なのです。

Comments are closed.