燃費の良さが魅力

ハイブリッドカーは燃料消費量を抑えることに成功していますが、同時に排出ガスなどをクリーンにして環境性能を高めているのが特徴です。エンジンを掛けたまま燃料消費量を抑えるには限界がありますので、アイドリングストップ技術と組み合わせることでエレルギーを効率よく消費できる仕組みを作っているのです。燃費は運転技術によってある程度改善することが可能ですが、車が持つ基本的な性能を変えることは困難ですから、基本性能の高いハイブリッドには誰が運転してもある程度の数値を出すことが可能なメリットがあるのです。エンジンとモーターの両方を使用することが可能ですが、モーターのみでの走行には限界があるのも事実です。エンジンがかかっている間はバッテリーを充電することが可能ですが、ブレーキによって電気エネルギーを作り出す仕組みも備わっているのが普通です。回生ブレーキと呼ばれるシステムですが、駆動力を発電力に変換して電気を作り出しているのです。アイドリングストップは一般に停止時に動作するシステムですが、走行時にもエンジンをストップできるのがハイブリッドシステム最大の特徴ですし、モーターのみで走行できる時間が長くなればそれだけ燃費も良くなるのです。

Comments are closed.