設計技術の特徴

現在市販されているハイブリッドカーの多くは燃費の向上を目的として作られています。
限られたスペースで様々な技術を搭載させなくてはならない為各メーカー頭を悩ませています。
まずは重量です。燃費を良くするためには通常軽くしなければなりません。しかし、ハイブリッドはエンジンとモーターを2個搭載しています。さらに、バッテリーとガソリンも搭載しなければならない為通常の車より場所も取りますし重くなっています。しかし、バッテリーを座席の下に隠したり、ミリ単位でエンジンルームの設計を行ったりし広い室内空間を保っているのです。そして、エンジンとモーターの共存を実現しています。
次にタイヤです。タイヤも燃費には大きくかかわってきます。スポーツカーなどは車の運動性能や動力性能を求め、安定した走りができるように幅の広いタイヤで路面との接着面積を広くしている場合が多いです。しかし、ハイブリッドはタイヤ幅も狭いものが標準になっていることが多いです。これは、路面との接着面積を少なくすることで燃費の妨げとなる摩擦抵抗を減らすように考えられているからです。
このように、ハイブリッドには燃費を良くするという共通の目的のために様々な人々の設計技術が詰まっていることがわかります。そんな技術の結晶にあなたも乗ってみてはどうでしょうか。

Comments are closed.