誕生の歴史

ハイブリッドカーといえば今や多くの人が聞きなれた言葉であり、主に環境への配慮が感じられる優しい車のイメージがありますが、ハイブリットカーとは動力源がエンジンに加えて、電機モーターが動力源としてあるのが特徴の車のことを指します。

動力源に電気を用いているとおり、燃費の良さを追求している車として多くの人々に認識され、二酸化炭素の排出を減らす車として、そして環境にも優しい車として今では多くの人の人気を集めている車種の一つです。

電気モーターのみで走行可能であれば大幅に二酸化炭素の排出を減らすことが可能ですが、ただ現実問題としましては電池の容量自体が、電気の動力のみで車を動かすには現段階では不十分であり、そこでエンジンと上手く組み合わせることで燃費の良さやロングランの可能性を高めた車を誕生させることに成功し、今ではとくに有名企業の看板的な車として認識されるなど多くの人に認められ、愛される車になりつつあります。

その歴史に関してですが、以外にも昔から開発されていたようで、その一号ともいえる車が誕生したのはフランスみたいで、そしてその時期は1909年とのことから車の歴史としては思っていたより初期に生まれていたとのことです。

 

 

Comments are closed.