自動車税の減税措置

ハイブリッドカーは昨今では珍しい物ではなくなり、街中でも良く目にする機会が多くなりました。
環境問題が取りざたされている現在、車の選択肢に必ず入ってくるものになりつつあります。
エコカーには毎年5月に納めなければならない自動車税や購入時に取得税また重量税などが軽減されるメリットもあります。
毎年4月1日時点での所有者に全額課せられる税金ですがエコカーの自動車税には適用期間は28年3月31日までの新車登録車を対象に翌年度の1回限りに適用され、
平成17年度基準値低排出ガス75%低減かつ平成27年度燃費基準+20%達成で概ね75%(平成32年度燃費基準達成者に限ります。未達成の場合は概ね50%)、平成17年基準値低排出ガスかつ平成27年度燃費基準+10%以上たっせいで概ね50%の軽減になります。
プラグイン、電気自動車、燃料自動車、クリーンディーゼルに於いては概ね75%の軽減となっています。
勿論、減税されることはとても嬉しい事ですが排気ガスでの地球温暖化は最大な原因のひとつなっているので有害な物質を排出しない車はこれからの地球にとって最も考えなければならない環境に優しいというメリットが大きくかかわってきます。
これからは、地球と家計に優しく乗れる車はもっとも魅力的な車になってくるでしょう。

 

Comments are closed.